iPhone以外は考えられません

iPhoneにしてから3年以上経ちますが、つくづくあのとき、iPhoneデビューしてよかったなと今さらながらに思います。

 

いわゆるガラケーが好きな人ってたくさんいますよね。
でも、私はどうしても苦手だったんです。
あの二つ折り、あのカチカチするボタンの音、小さい画面にうつるあのフォント。

 

ケータイを所有しながらもほとんど使っていない、実際に友だちと会うときくらいしか持ち歩かないことで有名だった私が、iPhoneを買ってからはほとんど肌身離さず持つようになりました。

 

なんといってもこれは小さなパソコン。
メールだってケータイメールじゃありません。
パソコン環境のメールが普通にデフォルトなのです。

 

そしてガラケー派に見せると必ず驚嘆する、この素晴らしいフリック入力の機能美。
なめらかなスワイプ。
本当にどれをとっても「スマート」という以外の言葉が見つかりません。
iPhoneはオモチャ箱であり、書棚であり、ビジネスツールであり、コミュニケーション用のメッセージボードであり。

 

これほど充実したコンパクトなデバイスが他にあるでしょうか。
持っているだけで充実感とワクワク感。
次はどんなアプリが出るんだろうという期待。
iPhoneの魅力なんて、語り出したらキリがありません。